Web制作を専門の会社に依頼するときに注意するポイントを理解する

2019年3月6日 Posted by ishidcongress2011

Web制作を依頼するときに多くの人が注目をするのは、デザイン性です。特に、近年は綺麗なデザインをサイト上に反映させることができる技術が簡単にできるようになりましたので、特にこう言ったデザイン性に優れたサイトを作ってもらうように依頼する人が多いです。しかし、見栄えの良いホームページが良いホームページというわけではないということを理解しておく必要があります。

 

現実的に大切なのは、サイト価値がユーザーに伝わるかどうかや作業命令につながる仕組みがあるのかということが重要です。企業としてウェブサイトを作成する目的は、見栄えのよいサイトを作成することではなく、収益結果を生み出すサイトを作成することです。言い換えれば、ホームページの品質を判断するための基準を良さではなく結果を生み出す仕組みがあるかで判断する必要があります。

 

特に、デザイン性に終始してしまってユーザーの利便性を損なうようなことをしてしまうと逆効果になりかねません。事実、アクセスが集まるホームページが効果があるとは言えない状況もあります。

 

通常、制作会社が会社のイメージについて、ホームページを作る目的は何かと聞いていきますが、重要な部分を伝えるのを忘れることも十分にあります。完成したサイトにでは違和感を感じる可能性も否定できません。Web制作の現場では、特にこうした現象が多いです。これは、近年になって便利なテンプレートが数多く登場していることと無関係ではありません。サイトを構築していく際に便利なサイト構築ツールを利用して、そこで利用可能なテンプレートを使ってサイトを作っていく手法が流行しています。

 

しかし、こうした方法では他のサイトとの差別化を図ることができませんし、独創性のあるものは作れません。そのため、専門の会社に依頼してWeb政策を行ってもらうときには、きちんと一からサイトを作ってくれるところに相談する必要があるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>