fxのスプレッドの概要

2013年1月10日 Posted by ishidcongress2011

fxの取引をする際には、手数料が必要になってきます。スプレッドもそのうちの一つです。通貨には買値と売値があります。スプレッドは、その買値と売値の差になります。スプレッドは、通貨によって違いがあります。一般的に流通量が多い通貨は、スプレッドは小さくなっています。逆に流通量が少ない通貨は、比較的多くなります。あと、fx業者によっても違います。業者によっては、キャンペーンを実施しているときもあるので、それらも参考にしながらfx業者を選ぶのも良いかもしれません。

次に取引の手法について説明をしていきます。スプレッドが小さいほうが、手数料もそれだけ少なくなりますから、そのような通貨に注目していくのは当然です。fx業者によっては、スプレッドが1銭以下に設定されているところもあります。しかし、あまりにもスプレッドが小さすぎると、為替の変動が激しいときには、値が飛んでしまい思わぬ手数料を払わなければならないこともありますので注意が必要です。あとは、自分の取引のスタイルによって選ぶという方法もあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>