ロスカットについて

2014年3月5日 Posted by ishidcongress2011

FXとは投資ですから、必ず利益が出るとは限りません。思った方に為替が動かずに逆の方向へ動いてしまった場合、含み損になってしまうことがあります。待っていれば自分の思った方向に為替が反転する可能性もありますが、そうならずに含み損が膨らんでしまうかもしれません。含み損が膨らむ前に潔く損を確定してしまうのがロスカットです。この取引ではうまくいかなかったとしても、次の取引で取り返せばいいと開き直るのがロスカットの目的です。

ロスカットについては、株式やFXなどの相場が変動する取引でよく使われるものです。ロスカットが上手い人が取引上手と言われるように、ロスカットはとても重要なものです。ロスカットをしないでいると、小さな含み損が大きな含み損になってしまうことがありますから、小さな含み損のうちにロスカットしてしまう方が、かえって利益を生むことになるのです。ロスカットについてはこまめにしたほうが、結局は利益につながることになります。

photo by: kevin dooley

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>