マージンコールについて

2013年2月5日 Posted by ishidcongress2011

マージンコールについてご説明しますと、FXの証拠金取引を行っていますと、必ず出る問題ですが、含み損がある程度増えた段階で証拠金の追加かポジションの決済をするおうに通知が来ることをマージンコールと呼んでいます。証拠金の減り具合を知らせてくてくれるおかげで、損失が重なっていくのを防いでくれるようになっているわけです。もちろんそのままにしておけば損失はさらに膨らんでしまうことになります。マージンコールはそのタイミングで何らかの手をうつことが必要になるわけです。

このマージンコールが証拠金の何パーセントで発生するかはFX業者によって異なります。しんせつな業者は100%を切った段階でコールし、そのまま1日を終えると最後の段階でロスカットされることもあります。また証拠金の8割でマージンコールをかけてくるところもありますので、取引されているFX業者のレギュレーションをよく調べられてマージンコールについてどう対応しているのかをあらかじめ熟知しておくことが肝要です。いずれにしても損切りするのかどうするかの判断を迫られることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>