Category: ‘Web制作’

Web制作会社の選び方はクオリティとコストの視点が大事です

2019年6月6日 Posted by ishidcongress2011

Web制作会社の選び方ですが、クオリティを重視するか、費用対効果を重視するかで比較検討しましょう。クオリティを最優先したい場合は、大手のWeb制作会社にすべきです。大手のWeb制作会社は実績が非常に豊富です。大企業の公式サイトを構築したり、皆が必ず一度は利用した事があるようなネットサービスを運営している企業に依頼すれば、高品質な仕事を行ってくれます。

 

有名企業のスタッフは顧客対応の面でもバッチリです。初めてオフィシャルサイトの構築を依頼する方でも安心安全です。分からない事は気軽に質問出来ますし、初心者的な問いかけにも丁寧に対応してくれます。Eメールや電話での対応も良好です。

 

細かい点を事前に聞いてから最終的な決断を下したい、そんな場合は予めEメールや電話で質問を伝え、疑問点を洗い出しておきましょう。大手サービスの場合、無料で見積を引き受けてくれるため、事前に大まかな予算が分かりやすいです。オリジナリティが高いデザインで構築してくれたり、依頼する側の要望を的確に再現してくれたり、イメージと違った時は迅速に修正に応じてくる等、費用対効果は平均的ですか、大手Web制作会社を利用すれば色々な面で満足出来ます。

 

一方でマイナーなWeb制作会社を利用する意義も高いです。マイナーなWeb制作会社は格安のコストでオフィシャルサイトの制作を引き受けてくれます。ベンチャー企業は特に斬新なアイデアを持った若者が少数精鋭で運営しており、独創性の高いオフィシャルサイトの完成形が期待出来ます。実績があまりないWeb制作会社は、まずは格安の費用で依頼を引き受けてキャリアを増やそうと頑張りますので、依頼する側としては少ない費用で高品質な仕上がりが得られ、まさに一挙両得です。

 

ただし、マイナーなWeb制作会社は玉石混交であり、大手よりも納期が遅かったり、ページ単位のクオリティにムラがあったり、値段が安い代わりに、それ相応のリスクがありますので、トレードオフの視点は要ります。

Web制作を専門の会社に依頼するときに注意するポイントを理解する

2019年3月6日 Posted by ishidcongress2011

Web制作を依頼するときに多くの人が注目をするのは、デザイン性です。特に、近年は綺麗なデザインをサイト上に反映させることができる技術が簡単にできるようになりましたので、特にこう言ったデザイン性に優れたサイトを作ってもらうように依頼する人が多いです。しかし、見栄えの良いホームページが良いホームページというわけではないということを理解しておく必要があります。

 

現実的に大切なのは、サイト価値がユーザーに伝わるかどうかや作業命令につながる仕組みがあるのかということが重要です。企業としてウェブサイトを作成する目的は、見栄えのよいサイトを作成することではなく、収益結果を生み出すサイトを作成することです。言い換えれば、ホームページの品質を判断するための基準を良さではなく結果を生み出す仕組みがあるかで判断する必要があります。

 

特に、デザイン性に終始してしまってユーザーの利便性を損なうようなことをしてしまうと逆効果になりかねません。事実、アクセスが集まるホームページが効果があるとは言えない状況もあります。

 

通常、制作会社が会社のイメージについて、ホームページを作る目的は何かと聞いていきますが、重要な部分を伝えるのを忘れることも十分にあります。完成したサイトにでは違和感を感じる可能性も否定できません。Web制作の現場では、特にこうした現象が多いです。これは、近年になって便利なテンプレートが数多く登場していることと無関係ではありません。サイトを構築していく際に便利なサイト構築ツールを利用して、そこで利用可能なテンプレートを使ってサイトを作っていく手法が流行しています。

 

しかし、こうした方法では他のサイトとの差別化を図ることができませんし、独創性のあるものは作れません。そのため、専門の会社に依頼してWeb政策を行ってもらうときには、きちんと一からサイトを作ってくれるところに相談する必要があるわけです。

Web制作の相場は必要になるデータで大きく異なる

2018年12月6日 Posted by ishidcongress2011

Web制作の相場は必要になるデータによって大きく異なる傾向があります。そもそも、Web政策と一言でいってもそこで求められるものはかなり違っています。例えば、サーバーが欲しいのならばサーバー構築のための相談をしなくてはいけませんし、単純にサイト構築をしてもらい時には、ページ数を含めた依頼をしなくてはいけません。特に、サイトを構築してもらおうと考えている場合には、様々な要素が必要になりますので、この点を理解しておく必要があります。

 

例えば、普段何気なく利用しているインターネットのデータは、その大半がサーバーという場所で管理されています。サーバーは、インターネット上で情報を公開したり受け取ったりするために必要なコンピュータであるため、Webで何らかの活動をしたいと考えているときにはこのサーバー管理が不可欠になります。これは、サイト構築を実行する時にも同じです。また、サイト構築を行うときにはトップページを作ってそこから順に階層を作っていかなくてはいけません。ただ、ページを作るとは言っても必要なページ数は依頼人によってかなり異なります。

 

仮に、既にほかのページの高層が出来ていて、トップページだけデザイン性に優れたコンテンツを作りたいと考えている場合には、実質的に1ページ分の費用だけを支出すれば良いことになります。この場合、相場はかなり安くなる傾向があります。一方で、デザインがほとんど決まっておらず、勝つページ数も多く作ってもらいたいときにはすべての管理を相手に任せることになりますので、非常に大きな費用が必要になることがあります。特に、デザインを考えてもらう場合には別途デザイン料を支払わなくてはいけませんのでこの点には注意をしなくてはいけません。

 

Web制作は、作ってもらいたい依頼人の要望によって相場が変化するための、その都度きちんと内訳を出してもらうことが大切です。そうすることで、コスト管理を効率的にできるようになります。

宣伝や広告のためにWeb制作してみよう

2018年9月6日 Posted by ishidcongress2011

宣伝や広告には、看板やチラシを使うこともありますがWebを使った方法も忘れてはいけません。もし、Web制作をしてホームページができれば簡単にスマートフォンやパソコンで検索してもらうことが出来ます。確かに、道を歩いている時なら看板が一番シンプルに目に付きやすいでしょう。チラシも新聞に折り込みしたり、ポストに投函すれば店の近所の人にアピールすることが出来ます。一方、これらの方法だと宣伝を見てもらえる相手が限定されてしまうという問題があります。ホームページなら、遠く離れた人にでも見てもらうことができるのでおすすめです。

 

 

Web制作というと、専門的な言葉のように感じて手を出しにくいと思う人もいます。しかし、実際には簡単な手順で誰でもホームページを用意することが出来るので心配ありません。方法は簡単で、まずはホームページ上で紹介したいことを資料にまとめます。まとめ方は、チラシや冊子と一緒と思って良いでしょう。ある程度の内容が決定したら、専用のソフトでコンテンツを作っていきます。不安な時は、似たような業種の店舗のホームページを参考にするのもおすすめです。コンテンツを作成した後、Web上に用意したサーバーにアップロードすれば完成です。

 

 

初めてのWeb制作で不安な時は、有料のサービスを利用してみるのも良いでしょう。ただし、有料の場合はサービス内容と価格をよく確認してください。最初試しに作ってみたい時は、低価格でサーバーの容量が少ないもので十分です。色々な機能は、ある程度慣れてきてからの方が管理する時に楽です。

 

 

Webを利用したサービスだと、ホームページの他にSNSがあります。SNSは、簡単にメッセージや情報を発信するのにとても便利なツールです。店の基本的な情報など、常に変更する必要がないことはホームページに掲載するのがおすすめです。中にはSNSだけで済ませてしまう人もいますが、両方の良いところを把握して利用した方がより良い宣伝や広告ができるでしょう。