FX会社は比較して選ぶのがベスト

2013年2月5日 Posted by ishidcongress2011

みなさんは、FXの会社を選ぶときに気をつけているポイントなどはありますか、FXに詳しい人に教えてもらったのですが、FX会社は比較して選ぶのがベストだということです。その人の話では、インターネットにはFXの会社をいろいろと比較できる比較サイトなどがありますので、FXをはじめるときに、そのような比較サイトを活用して、自分にあったFXのサイトを選ぶことが大事なようです。比較サイトはとてもわかりやすいそうです。

このように、FX会社は比較して選ぶのがベストですが、比較するときはインターネットの比較サイトを活用するのが、わかりやすくていいそうです。そのようなインターネットの比較サイトでは、FXの会社を細かく比較してくれていて、特徴をわかりやすく覚えることができて、自分にあったFXの会社を選ぶことができますので、インターネットの比較サイトはおすすのようです。これからFXをはじめてみたいという方にも、比較サイトはおすすめです。

分足チャートって何?

2013年2月5日 Posted by ishidcongress2011

分足チャートとは、分単位での値動きをチャートにしたものです。例えば、5分足のロウソク足チャートでは、10時から10時5分までのロウソク足の隣に10時5分から10時10分までのロウソク足があり、といった具合で全体のチャートが構成されています。種類は様々なものがあり、5分足のほかに、1分足、10分足、30分足、60分足チャートなどがあります。基本は日足や月足チャートと同じですが、時間の長短によって特徴もあります。

基本的なチャートは日足チャートと考えて良いでしょう。分足チャートは主に、スキャルピングやデイトレードなどの短期売買で活用されます。日足の他にも60分足は比較的よく使われますが、トレンドの転換に真っ先に反応するのは、やはり1分足チャートです。しかし、1分足チャートは、所謂ダマシが多いと考えてもいいかもしれません。トレンド転換のように見えて、そうではない、といったことも多いのです。分足チャートとは、売買の判断に欠かせないものですが、正確な判断をするためには、他の指数なども参考にしたいところです。

24時間勝負!レートが常に変動し続ける理由

2013年2月5日 Posted by ishidcongress2011

24時間勝負!レートが常に変動し続ける理由…それは、FXの市場が株など、一ヵ国内の限られた時間のみ開かれた市場ではなく、世界中をつなぐ巨大で公平な勝負の場であるからです。日本の株式市場を例にとると、直接株取引できる時間は、前場と呼ばれる9時~11時30分と、後場と呼ばれる12時30分~15時の間だけの限られた時間のみです。これに対してFXの市場は、土曜日曜以外の平日は、年末年始を除けば常に参加が可能となっています。

FX市場は常にどこかの国の誰かが起きて取引をしています。日本時間の未明にはオーストラリア、ニュージーランドでの取引が始まり、8時あたりから日本時間の取引が活発化していきます。夕方から夜にかけてヨーロッパでの取引が始まり、夜から深夜にかけてはアメリカの市場が指標の発表とともにダイナミックにレートの波に力を加えていきます。そしてまた、次の朝の未明のオセアニアへと、途切れることなくレートは動いていくのです。これが、24時間勝負!レートが常に変動し続ける理由なのです。

お金の価値は相対的に変化する

2013年2月5日 Posted by ishidcongress2011

普段我々は日本で何気なく使っているお金。日本では円が通貨単位になります。日本で生活しているとなかなか実感がわかないことですが、実はお金の価値は相対的に変化するのです。これはどういうことかというと、様々な要因でお金の価値が他国の通貨に対して、あるいは物に対して日々変化していくというわけです。例えば今まで100円で買えたPCのパーツがドル円で急激な円安が進んだ場合、110円になってしまったりするのです。

世界的に言うと緩やかな国、急激な国いろいろですがインフレの国がほとんどです。しかし日本はデフレで、物に対して円の価値が非常に高い状況が続いています。もう一つ歴史的な円高も相まって世界的には物価上昇が進む状況であっても安く物が買えたのです。しかし今後は分かりません。日本はインフレターゲットを設定し、緩やかなインフレを目指しています。このことからお金の価値は相対的に変化するのです。このことを考えるとリスクヘッジの手段として通貨分散は重要と言えるでしょう。

マージンコールについて

2013年2月5日 Posted by ishidcongress2011

マージンコールについてご説明しますと、FXの証拠金取引を行っていますと、必ず出る問題ですが、含み損がある程度増えた段階で証拠金の追加かポジションの決済をするおうに通知が来ることをマージンコールと呼んでいます。証拠金の減り具合を知らせてくてくれるおかげで、損失が重なっていくのを防いでくれるようになっているわけです。もちろんそのままにしておけば損失はさらに膨らんでしまうことになります。マージンコールはそのタイミングで何らかの手をうつことが必要になるわけです。

このマージンコールが証拠金の何パーセントで発生するかはFX業者によって異なります。しんせつな業者は100%を切った段階でコールし、そのまま1日を終えると最後の段階でロスカットされることもあります。また証拠金の8割でマージンコールをかけてくるところもありますので、取引されているFX業者のレギュレーションをよく調べられてマージンコールについてどう対応しているのかをあらかじめ熟知しておくことが肝要です。いずれにしても損切りするのかどうするかの判断を迫られることになります。

FXはバーチャル取引をしてから

2013年2月5日 Posted by ishidcongress2011

FXを始めたいと考えている方は、すぐにでもお金を稼ぎたいと思うかもしれません。そこでFXで勝つためには、いかに損失を少なくするかが重要になります。FXのトレードは単純に上がるか下がるかの50%の確率というわけではありません。エントリーしている期間の長さ、また使用するテクニカル分析の手法によって、トレードの仕方や勝率は異なります。そこで、自分のルールを探すという意味でも、FXはバーチャル取引をしてから本番に臨んだ方が無難でしょう。

バーチャルトレードを利用して、用いる手法の見極めはもちろんですが、長期間のスパンでじっくり取り組むのか、またはスキャルピングで迅速に取引をしたいのかなど、自分がどういうスタイルでトレードをするのが適しているのかを考慮するのも重要です。もちろん日々の生活スタイルに合わせたやり方が最優先であり、また本人の性格による向き不向きもあるでしょう。実際に取引を行った上で気づく場合もあることから、やはりFXはバーチャル取引をしてから、若しくは少額から始めてみるのがよいと思います。

FXに攻略法は無い?

2013年2月5日 Posted by ishidcongress2011

FXに攻略法は無い?という質問をよく見聞きします。私もFXをやっているので、この問にはFXに攻略法はあると思っています。そう思わないとやってられませんもんね。どうしてあると言い切れるかを説明します。それはレバレッジにあると思っています。FXにはレバレッジというものがあり、誰もが大きな利益を狙うがゆえにレバレッジを大きくしてしまうものです。レバレッジを大きくすることは悪いことではありませんが、そのタイミングが重要だと思います。

FXの攻略法ですが、まずレバレッジを低めにポジションを作ります。ポジションを建てた直後に逆方向に行ってもレバレッジを低めにしているので損切りしません。利が乗るまでひたすら待ちます。利が乗ってきたら、最小の利益の所にストップを置きます。利がさらにのるようなら、ストップを利益の方向にずらしていきます。この時に、節目をブレイクしたと思ったらポジションを増やします。これで万が一ストップにかかったとしても利益は確保出来ます。これが、FXに攻略法は無い?という質問に答える私の答えです。

 

FX初心者にありがちな失敗

2013年2月5日 Posted by ishidcongress2011

資産形成の方法の一つとして、投資があります。投資の種類は様々ですが、FXは人気のある方法の一つです。これからFXを始めようと考えている初心者の場合、大切な事柄があります。それは、FX初心者にありがちな失敗を把握することです。これまで多くの個人投資家がFXを行い、巨額の利益を得る一方で、失敗する人も大勢います。成功者の中にも、初心者の段階では失敗していた人が多く存在しており、自分の経験を綴った書籍を出版している場合があります。

FX初心者にありがちな失敗は、経験しなくても理解出来るということです。FX初心者は、トレードに慣れていない為に激しい値動きにつられて、つい新規注文をしてしまうという失敗をしがちです。理由が分からない急騰や急落の際には、落ち着いて様子を見ましょう。慌ててしまっては、利益を得られるトレードが出来ません。FX初心者は損失が生じた後に資金を追加して補填しがちですが、安易に資金を追加してしまうと、それを失う可能性が高まります。

FXに必要な最低資金

2013年2月5日 Posted by ishidcongress2011

FXは外貨為替証拠金取引のことを指し、気軽に始めることができることから人気があります。簡単に言えば、2通貨間の売買によりその差額を利益をとするものです。レバリッジによって自己資金以上の投資を行うことが可能でり、資産が少なくともその10倍以上の高額取引を行うことができます。このレバリッジをどの程度の比率にするのかによって、FXに必要な最低資金は変わってきます。高レバリッジで少ない資金の場合はあっという間に資金が消えてしまうでしょう。

初心者の方が始める場合のFXに必要な最低資金は、最低10万円くらいがおすすめです。レバリッジは2倍から5倍程度で運用を開始するのがいいでしょう。特定の通貨の場合、高レバリッジにすることにより1万円ではじめることもできますが、あまり現実的ではありません。リスクが高く、FXについての理解を深める前に資金がショートすることになりかねません。手数料やレバリッジの限度など条件はさまざまありますので、FX業者をよく選定することも大切です。

FXの仕組み

2013年2月5日 Posted by ishidcongress2011

現在多くの方が投資に興味を持っていたり、実際に挑戦をされております。インターネットで投資というキーワードにて検索を実行すると、投資体験談や成績を掲載したホームページやブログが多数検索されます。大型書店に出向けば投資解説書を取り扱ったコーナーが設置されております。投資に挑戦される理由は人により違いますが、多くは給料以外の収入を得る事ではないでしょうか。投資にはいろいろと種類があり、ライフスタイルに合わせて選択しております。

いろいろと種類がある投資の中でも、一番注目されているのがFXです。FXの投資ノウハウを掲載したビジネス雑誌が多数販売されております。このFXの仕組みですが、外国通貨の売買による差額にて利益を発生させます。FXの仕組みは理解しやすくて、かつ運用資金が少なくても挑戦出来るため初心者に人気があります。またFX業者が多数参入しており、取引手数料の安さやアプリケーションの提供をアピールしております。FXは多くの方に支持される投資であると思います。